~庭木編~



やはり庭木の一本ぐらいあってもいいのではないでしょうか。

一本ぐらいといっても何でもいいわけではありません。
庭木=シンボルツリー(庭のシンボルとしてふさわしいものを一本)

一般的には!!

でもうちでは、あえてたくさん植えようと思います。

その壮大なミッション名は・・・
常識を超えたシンボル・ツリ~

本当は木をたくさん植えて、木陰で昼寝をしたいだけなんですけど~<(`^´)>



ガーデニングのポイント~庭木編~

button176.gif目的

button177.gif シンボル

・庭の目印になるような印象的な木。(一本でも大きくイメージが変わります)
・シンボルツリーには大型のものが用いられる場合が多い。
button177.gif 四季を楽しむ

四季折々に楽しめる花木を選ぶ


button176.gif木の特性

button177.gif 常緑樹

・冬でもの葉を保つ

・西側に植えれば、西日カット

button177.gif 落葉樹

・冬は落葉する

・南側に植えれば、夏は日陰を作り、冬は日を入れる


button235.gif緑があると、本当に心が落ち着きます。

よく家を新築された方で、目隠しもなく中が丸見えのうちを見かけます。

日本庭園に合うような庭木は、(管理費用も含めて)結構お金がかかると思うので、庭にお金をかける余裕がない人は大変だと思います。(勝手に想像です、私もその一人です)

でも、ホームセンターなどで売っている庭木を、数本植えただけでも全然印象が違ってきます。(私は一本400~500円の処分品を買っています)

植えるとき肥やしを入れたぐらいで、思ったほど手をかけなくても、勝手に育ってくれます。

おっと、いい忘れるところでした。
雪国の場合は木が大きく育つまでは、雪囲いをしっかりしてやらないと、簡単に折れてしまいます。

もしかして、これが一番厄介な問題なのかもしれません。




head_050906.gifおかげさまでyahoo正式カテゴリーに登録されました。
『ガーデニング&DIY』が大好きな方や、これから『ガーデニング』を始められる方のお役に立てるような、手軽にできるガーデニングサイトにしたいと思っています。

2005年07月12日 23:45

コメント