・四季折々、庭の様子です。

  • 2005年度、庭作りはじめ~

    耕太郎&hiroが、『ガーデニングに挑戦します!』

    どんな庭が出来るやら・・・
    一応、理想というか、ポリシーというようなこだわりがあります。

    ずばり、お金をかけたくありません。(というかないんですね^_^;)
    アイデア工夫に溢れた庭作りが理想です。

    できれば、自然の中にいるような、ナチュラルガーデンがいいなぁと思ってます。

  • 2006年度、ガーデニング2年生

    耕太郎&hiroも、いよいよ『ガーデニング2年生!』


    ガーデニングって本当に奥が深いです。
    ただ植物を植えるだけでもガーデニング・・・(我が家の現状です^_^;)


    昨年はいろんな経験も大事だと思い、花に限らず、庭木や果樹を手当たり次第に植えていきました。

    でも今年は、『きれいな花を観賞できるようにするには・・・』ということを頭に入れて、育ててみようと思います。
    と口で言うのは簡単なんですが、きれいな花を咲かせることが一番難しいんですよね。


    とりあえず、今年も張り切ってガーデニングに励んでいきます。
    そして、ホッとできる空間作りを楽しんでいこうと思います。


  • 2007年度、もうガーデニング3年目?



    もうガーデニング歴3年目に入ります?

    ガーデニング歴3年目といっても、まだまだ初心者の域から抜け出せない耕太郎&hiroです^_^;

    でも草花や土に触れていると、それだけで気分がリフレッシュできます。
    本当に大地のエネルギーといいますか、身も心もパワーが充電されるようです(^_^)v

    そして今年は何十年に一回というほどの暖冬で、庭木への被害は殆んどありませんでした。
    (毎年雪の重みで枝が折れてしまい、全然大きくなれなかったので・・・)


    大きく育った庭木の下で、読書や昼寝・・・
    私たちのささやかな夢へ、一歩近づけそうです。

  • 2008年度、ガーデニング4年目の応用(-。-)y-゜゜゜

    ガーデニング歴4年目、少しは成長の兆しが・・・

    雪もすっかりなくなり、ガーデニング歴4年目の春を迎えました。
    ワクワクして庭を眺めていると、「ゲゲッ」

    山野草などを植えつけている自慢の???花壇が・・・
    モグラの穴でボコボコ、メチャクチャ、見るも無残な姿に(T_T)

    以前から被害はあったんですが、今年は特に泣けてきました。
    モグラは直接草花を食べることはいようですが、この穴を使ってネズミも悪さするようです。

    このままでは、毎年楽しめるはずの草花も春を迎えることができません。
    3年間培ってきたガーデニングの技術を、いよいよ発揮する必要がありそうです^_^;

  • 2009年度、ガーデニング5年目にしての戸惑い(~_~;)

    ガーデニング歴5年目、我が家にも不況の波が・・・

    昨年末からの100年に一度の大不況(__)
    我が家にも不況の波が押し寄せてきました。

    会社の都合で週休三日(~o~)
    暇はありますがお金はありません。

    こんな時こそ「お金をかけずにガーデニング」といきたいところですが、どうも気持ちの方まで塞いでしまいました。

    このままでは、毎日の生活までもが暗くなってしまいそうです。
    どうやったらこの不況を乗り切れるか、もう一度「お金をかけないガーデニング」を見直そうと思います。

  • 2010年度、ガーデニング6年目さむ~い春(>_<)

    ガーデニング歴6年目、これも温暖化の影響でしょうか?
    4月に入ってからの大雪は60年ぶり。
    朝起きてびっくり、一面真っ白で積雪15cm。

    5月に入るというのに最高気温10℃、数日前は20℃超。
    連日こんな温度差の繰り返しで、体調管理が大変です。

    特にこの2,3日は寒くて、一度仕舞いこんだ冬物を引っ張り出し、ヒーターをつけて過ごしています。
    もう田植えの時期なのに、寒さで苗が伸びず4,5日遅れているそうです。

    我が家でもガーデニング6年目にして、野菜の種まきの時期を逃してしまいました。
    これからホームセンターに行って数種類の苗を購入します。

    こんな身も心も寒くなるようなご時世、せめて活気が出そうなカラッとした、あつ~い夏の到来を期待します。
    ・・・でも3ヶ月予報では、冷夏という情け容赦ない予報が・・・

  • 2011年、寒く悲しい春です。

    ガーデニング歴7年目。悲しくて、寒い春です。』

    私は、東北の山形在住ですが、隣県の惨状を目の当たりにし
    自分の無力さを痛感いたしております。今、自分のやるべきことさえ、分かりません。

    もちろん、出来る限りの募金はさせていただこうとは思っていますが、
    自分の家族の生活を考えるので精一杯です。

    私ばかりでなく、大部分の方の思いでもあることでしょう。
    しかし、実際は人それぞれ出来ることも違います。

    まず、被災された方を想い早期復興を祈ります。
    次に、限りある資源を大切に使わなければなりません。
    そして今、働く場所がある人は今まで以上に働き、お金を廻す。

    それが東北、日本復興のために一人一人ができる支援です。