サツマイモ



DSCN0929.JPG

button177.gif 購入価格:398円(苗20本)

button177.gif 作り方:
日当たりが不可欠で。20~35℃の高温でよく育ちます。土が湿っているとつるぼけになったり、太らず繊維の多いイモになったりします。
あらかじめ完熟堆肥や腐葉土の入った土に、普通は水平に土中に押しつけるように、2~3センチ押し込みます。
うえから土で押さえ、たっぷり水やりをして乾燥させないようにして管理します。
10日ぐらいで発根します。

イモを太らせる為に(土寄せ)、質をよくするために(つる返し)などを行います。普通は10~11月ごろ収穫できます。

button177.gif 特 徴:
サツマイモは根茎ではなく、葉柄の基部から出た不定根の一部」が肥大したものです。加熱すると甘みが強く出ることと、食物繊維が多いのが特徴です。
やせ地でもよく育ち、性質が強健で育てやすいうえ、つるをたどるイモ堀も楽しみです。

ひとりごと:
サツマイモ大好評でした。
自家製石焼芋、毎年恒例になりそうです。
食べては美味しいし、なにより収穫が楽しいですよ~(掘る前は、不安と期待が)

ただ、問題は草です
サツマイモのつるが伸びていくので、「草もたいして生えないだろ~」とほったらかしにしていました。
気が付いたら、サツマイモのつるが見えなくなるほどの雑草が・・・
こうなると、抜こうにも根が張り付いて抜けてきません。

いろいろ考えた末、雨が降って土が軟らかくなってから、家族総出で草むしり?「草抜き
教訓:雑草は小さいうちにこまめに抜く(これがなかなか出来ないんですけど)

button177.gif 管 理:

2005年
5月29日: 植え付け
DSCN0575.JPG20本1束398円で購入しました。
サツマイモのつるを切っただけのようなものです。
こんなんでサツマイモができるなな~」と思いつつ、早速植えてみました。

7月29日:ちょうど2ヶ月です
DSCN0782.JPG場所も広くないので、はじめは10本の苗を植え、残った苗は水につけてます。
3日ぐらいすると植えた苗が1本、2本と枯れていき、その都度、余った苗を再度植えていきました。
植えても植えても枯れていきます。
毎日、水だけはちゃんと遣っていましたが。
すぐ植えずに、もう少し水につけて、根が出てから植えればよかったでしょうか

8月29日:畑いっぱい
DSCN0819.JPGここまで大きくなったのは、これで苗3本分です。
枯れてしまったもの、草と間違えて抜いてしまたもの(草とのたたかいが大変でした)
でも残った3本で畑一面に(こんなにすごい生命力なのに・・・なんで枯れたんだろ?)

10月10日:収穫
DSCN0929.JPGいよいよ収穫です。
唯一、芋掘り経験者の指導の下で、芋掘り開始(小5の息子が学校で体験)
ほんとにサツマイモがこの中に・・・スコップで芋を切らないように、そ~っと
思ったより、こんなに取れました(3本の苗から)
バンザ~イ

DSCN0932.JPG早速、自家製石焼芋に挑戦。
この日のために、石焼芋の鍋セットを購入しました。(石付です)
芋の形がバラバラなので、細いものだけ集めました。
芋が細いので、待つこと15分。
お味の方は???(みんなで試食)
まいう~




head_050906.gifおかげさまでyahoo正式カテゴリーに登録されました。
『ガーデニング&DIY』が大好きな方や、これから『ガーデニング』を始められる方のお役に立てるような、手軽にできるガーデニングサイトにしたいと思っています。

2005年08月29日 16:37

コメント