スイカ(小玉スイカ) 2006



DSCN1376.JPG

button177.gif 購入価格:198円


button177.gif 特 徴:
生育旺盛で日照り続き、水不足といわれるような猛暑こそ、美味しい実ができる条件です。


button177.gif 作り方: 
高温乾燥を好み、土質は選びません。
雨が続くと実つきが悪く、病害虫も多発します。
スイカは細い根が深く張るので、乾燥に強いのですが、そのために植えかえると傷みが大きくなります。

特にスイカは連作を嫌うので、4~5年は間をあけるようにします。
市販の接木苗なら、台木がカボチャやユウガオなので連作も可能です。

タネまき、苗の植え付け、いずれの場合も作業の2週間前に、直径30cm、深さ30cmの穴を掘り、堆肥と腐葉土を2~3kgと化成肥料200gを入れて土と混ぜます。
掘り返した土を埋め戻し、10cm高く盛り上げておきます。

株間は120cm以上にし、できるだけ日当たりのよい場所を選びます。


button235.gif ひとりごと:
夏の暑い日は、やっぱりスイカですね。

我が家では子供も大人もスイカが大好きです。
でも正直、スイカなんて上手く育てられるんでしょうか?

それに、かなり広い畑も必要だと思いますので、できるだけ場所をとらない小玉スイカに挑戦します。

みんなの期待を背負っての栽培なんですが、はたしてどうなることやら・・・




2006年 
DSCN1178.JPG5月5日:植え付け

DSCN1273.JPG5月21日:定植
ビニールで囲って、成長を促進。
でも結構気を使います。
うっかり水やりを忘れると枯らしてしまいそう。^_^;

DSCN1345.JPG6月15日:花が咲きました。
早くスイカの実を付けてくれないか、楽しみにして眺めています。

DSCN1376.JPG7月5日:径 10cm
いよいよスイカらしくなってきました。
小玉なので、もうう少し大きくなれば食べられそうです。
5歳の息子:毎日楽しみに観察(^^♪

20060705_105952868.JPG7月5日:防護ネット(カラス対策)
これを忘れてはいけません。
カラスに見つけられてはあっという間に食べられてしまいます。

DSCN1487.JPG7月22日:収穫
まだ梅雨も明けないんですが、今日は晴れ間が覗き海に行ってきました。
そして、ちょうど小玉スイカも食べごろです。
ちょっと甘みが足りませんでしたが、海で食べるスイカは格別でした。




head_050906.gifおかげさまでyahoo正式カテゴリーに登録されました。
『ガーデニング&DIY』が大好きな方や、これから『ガーデニング』を始められる方のお役に立てるような、手軽にできるガーデニングサイトにしたいと思っています。

2006年05月17日 20:47

コメント